ANA修行は国内線と国外線どちらがお得?マイルが貯まりやすいのは?

その観点から見ると国内線の方がお得な面もあるのです。
この倍率を獲得マイルに掛けることになります。
路線倍率は国際線は1倍ですが、国内線は2倍に設定されているのです。
ですから単純計算では国内線は国際線の2分の1の距離で同等のポイントを獲得できることになります。
ただし、一部の中国路線の国際線では1.
5倍の倍率が適用されています。
また、「クラス・運賃倍率」にも注意が必要です。
国内線の場合は「プレミアム運賃」でマイルを150%で積算、国際線で同じ積算率を得たい場合にはファーストクラスの確保が求められます。
このように、ANA修行は国際線よりも国内線の方がお得といってよいでしょう。
まず国内線をメインに、状況に応じて国際線を組み込むという修行方法が基本となるでしょう。
ANAのVISAカードの特徴は?【貯めたポイントはマイル移行OK?】