CFD取引って?分かりやすく解説

 

みなさんは、CFD取引ってご存知ですか?

 

証拠金取引の種類の1つの「CFD(Contract for Difference)」取引。

 

日本語で言えば「差金決済取引」です。

 

株式や商品と言う物理的な原資産で取引を行うのではなくて、原資産の取引と同様に世界中で行われている金融商品をレバレッジを効かせる事で、売買する物です。

 

もちろん、値動きは反映されています。

 

良く分からない方の為に、イメージはFX取引、または先物取引の感じと言ったら、分かりやすくなりますでしょうか。

 

CFD取引が対象としているのは、とてもたくさんの金融商品の値動きで、株式や業種別指数、商品先物、株価指数等が挙げられるのです。

 

CFDは、近頃出来た物ではないのです。

 

昔からある物みたいなので、元々は機関投資家だけで行われている取引だったのだそうです。

 

しかし、近年においては世界の主要国にいるCFD業者が、CFDがまだあまり盛んでない日本に入り、顧客獲得に参入している情報があるのです。

 

だからこそ、近年CFDは、金融取引商品として急成長しています。

 

日本で、初めにCFDが行われたのは、ひまわり証券だったのです。

 

ひまわり証券自体が、いろんな新しい金融商品取引を取り入れるのが早い会社で、FX取引も初めに導入したのが、ひまわり証券だと言われているのです。

 

もちろん、今は何かと手が出しにくいCFDです。

 

しかし、比較的簡単に始める事が出来やすい取引だと思うので、今後の動向が注目されるでしょう。

 

初心者にはNISAがおすすめ

 

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

最長で5年間という制限があり、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引を例に考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

参考:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がかからないこと、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。